新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

ほし太の日向ぼっこ

世界はもっと美しくなる 奈良少年刑務所詩集  寮美千子編 ロクリン社

詩人の寮美千子さんとご主人が、9年間に渡り奈良少年刑務所で行ってきた、
社会性涵養プログラムの授業を通して書かれた少年たちの詩集。
「世界はもっと美しくなる」を読みました。

世間的には、凶悪犯とされる彼らは、
犯罪者の前に被害者でもあり、社会から取り残された存在でした。

この授業では、自作の詩を朗読し聞いていたみなが感想を話します。
その体験は、他人を受け入れ、また受容されることでした。
共感されること。
共感されなくても自作の詩に意見を言ってもらうだけで、
彼らにとっては貴重な経験だったことでしょう。

その授業は、まるで森林浴のように、
教師も生徒も看守さんも、みな心が洗われるような体験だったといいます。

詩の言葉の一つ一つ、
どんな気持ちで紡がれたのかを想像するだけで涙が込み上げてきました。

奈良少年刑務所は、明治時代に造られた美しい建造物です。
表紙にも、中にもたくさんの写真が収められていました。
現在この奈良少年刑務所は閉所となり、
新たに民間の手により高級ホテルに生まれ変わるのだそうです。

ここにいた少年たちの居場所はこれからどうなってしまうのでしょう。
それだけが心配で心が痛みました。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月17日 18:55

なんと季節はずれのこんな時季にインフルエンザにかかってしまいました。
今まで、「熱が出ても一日か二日寝ていれば治る。」というタイプで、
かかりつけの病院もなければ、
もちろんインフルエンザに認定されたのも初めてのことでした。

インフルエンザの検査は、鼻に細い綿棒を刺す。とか、
ゾフルーザというインフルエンザの薬は一回だけ飲めばいい。とか、
熱よりも何よりも体中が痛くて眠れない夜を3日間も過ごした。とか、
6日後に病院にいって外出許可をもらうまで外出はできない。とか、
何もかもはじめての経験でした。

実際になってみるのと聞いた話では全然違って、
ゾフルーザを飲めば、
熱はたちまちのうちに下がって楽になるのだとばかり思った私は、
この予期せぬ休暇中に、
家の片づけやら、貯まっていた本やビデオの鑑賞に当てようと目論んだものの、
実際は、強制休暇が終わるギリギリまでほぼ寝たり起きたりの生活で、
本も、ビデオ鑑賞も、睡眠すら、
ある程度の体力がなければできないということを痛感しました。

こうして浦島太郎的一週間を過ごした後、
ようやく仕事復帰しました。
一番驚いたことは、
寝込む前から満開だった桜がまだきれいに咲いていたことです。
4月も半ばを過ぎたというのに、
こんな時季まで桜が咲いていたのは私の記憶ではここ何年もありません。
桜まで季節はずれなんだね。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月16日 17:55

パイシート活用

生活クラブの冷凍パイシートは、4枚一パックになっているので、
残り2枚がまだ冷蔵庫の中に残っています。

今日のお昼ご飯に一枚つかってキッシュを作りましたが。
最後の一枚は、そのままお菓子として焼いてしまおうと思い、
パイシートにグラニュー糖とシナモンを振って両端を1/4づつ内側に折り、
折った部分にグラニュー糖と水を塗ってさらに合わせます。

それをラップで巻いて、冷蔵庫で30分ほど寝かせたら、
1cm巾に切り、片側にグラニュー糖をまぶして200度のオーブンで15分焼いたら出来上がり。

うなぎパイのような源氏パイのようなパイ菓子ができました。

簡単なわりにちょっと凝って見えるらしく、
会社に持っていったら「どうやって作ったのか聞かれました」

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月09日 16:17

自然農の田んぼ2019 田んぼの準備

4月7日、自分たちの田んぼの準備作業をしに行ってきました。
よく晴れて気温も高く初夏のような陽気でした。
山桜が咲いて里山のところどころがピンク色になっています。

田んぼには、主にカラスノエンドウとクローバーがはえていましたが、
まだそれほど草は多くありません。

さっそく田んぼの中に2本水路を掘ります。

石垣の草も刈ります。

綺麗になりました。

田んぼの周りの水路のところも少しだけ綺麗にしてこの日の作業は終了。
田んぼに水が入るようになったら畦を整備します。
次回は21日の共同作業です。

ちょうど大川地区のお茶祭りの中の一つ「そば祭り」が、
田んぼの近くの公民館で開催されていたのでお昼はおそばを食べました。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月08日 18:58

夏みかんピール

義妹から「とても酸っぱい夏みかん」をたくさん貰いました。
夏みかん好きの義母が自分でむいて食べようとして、
ほとんど残してあったくらいとにかく酸っぱいらしい。

とりあえず3個だけ皮をむいてお砂糖をかけてあげたら、
義母も美味しいといって食べてくれました。
残りはサラダにしてお弁当にすればいいかな。

皮が厚くて立派なので、久しぶりにお砂糖で煮てお菓子のピールにしてみました。

まずは外側の部分をチーズおろしでこすりとり、
1cm巾に切ってから、3回ゆでこぼし苦味をとります。

水でよく洗い絞ったら砂糖と少しのお水を入れて煮ます。
白い部分に透明感が出たらよく乾燥させてグラニュー糖をまぶします。

写真はまだ乾燥させる前なのでグラニュー糖はまぶしてありませんが、
立派なピールができそうです。

途中、何回も味見をしたので舌がちょっと馬鹿になってしまいました。
完成は翌日以降になりそうです。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月07日 17:23

タコス

先日、イトーヨーカドーで生春巻きの皮を買ったら、
そのすぐ近くにタコス用の皮も置いてありました。

ちょうどチリビーンズを作ったばっかりで、
これがあったら、家でもタコスが作れる!と思い購入しました。

袋の裏には、チリビーンズ、レタス、トマト、チーズを載せて巻く。
と書いてありましたが、あいにくレタスがなかったのでキャベツの千切りをのせ、
ちょうどあったゆで卵も一緒にのっけてみました。

実は皮をはがすのが一苦労で、春巻きの皮(揚げる方ね)もだけど、
破かずにはがすのは至難の業です。

何とかはがしてフライパンで温めてから具材をのせて包んでみました。
包んじゃうとあまり見た目はよくないけど、味はなかなかグッドでした。

フライパンで温めすぎると皮がカリッとしてしまいうまく包めないのと、
ゆで卵は味がぼやけるから入れないほうがいいかも。
でも、辛いのが苦手だったら入れるのもありです。

けっこう一つでもおなかにたまります。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月06日 16:49

貼るだけマニキュア

2週間前の日曜日、友人にコストコに連れて行ってもらいました。
その時、出店していたのがこの貼るだけマニキュアでした。

試しに左手の中指に貼ってもらったのですが、
本当にシールを貼るみたいに簡単で、
余った部分は自分の爪でカットできるという優れもの。
しかも2週間近くたちますがまだきれいに付いています。
シールではなくマニキュアなので、
落とす時は除光液でとれるそう。

定価が16枚(8サイズ×2枚)入って1080円。
確か雑誌の記事で読んだような記憶があり、
今回はキャンペーン価格で4枚で2980円というので、
友人と半分づつにしようと買いました。

昨日の夜自分でもやってみようと、
透明タイプのを貼ってみました。
中指はお試しで貼って貰ったものがそのまま残っています。
店員さんがやってくれたように上手にはできませんでしたが、
何とか両手に貼ることができました。

透明タイプなので失敗しても目立たなくてよかったけれど、
上手にきれいに貼るにはもう少し練習が必要かな。

でも爪がきれいだとちょっとテンションが上がります。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月05日 17:36

キッシュ

冷凍庫の奥に眠っていたパイシートを出してきて、
久しぶりにキッシュを作ってみました。

具材は、新玉ねぎとしめじ、ベーコン、ブロッコリー、プチトマトです。

いざオーブンで焼こうと思ったらタルトの型が見つからない!!!

困った末に、セラフィット(フライパン)を型の代わりにしてみました。
パイシートは麺棒で薄く伸ばしてからフォークで穴を開けます。
そこへ玉子、牛乳、チーズを混ぜて注ぎ具材をトッピング。

あとは180度に予熱したオーブンで35分から40分焼くだけ。

のはずが…。
やはりフライパンだと底が厚すぎて、
パイシートまで充分熱が伝わらないのかなかなか焼けません。
何度も時間延長してみましたがだめなので、
最後はそのままガスコンロにかけて弱火で焼いてみました。

これでようやくなんとか完成。

さっそくお昼のお弁当に。
メインはキッシュと、肉巻き(南瓜とスナップエンドウの2種)と、
ほうれん草の胡麻和え、紅白なます、南瓜のふくめ煮。

何だか取り合わせがよくなかったけど、
キッシュはなかなか美味しくできました。

でも次に作るときはフライパンは使わないだろうなぁ。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月02日 18:13

熟成ほしいも達磨庵歳時記 4月

新元号の発表があり盛り上がってますねー。
こんなに大騒ぎだと、
今日からもう新しい元号に変わると勘違いする人いないのかな。

と、そんな心配をしていても仕方ありません。
今はお尻に火が付いている熟成ほしいも達磨庵の4月の歳時記を仕上げなければです。

真ん中の姉から、たらの芽と菜の花をもらったので、
とにかく写真だけは写してしまおうと、今朝撮ってきました。

もう自分ちのお皿も使い尽くしたので、
前に木工の同好会に入っている時にいたずらで作った台に盛り付けてみました。
そもそもお皿じゃないけどね。

歳時記の掲載場所がかなり横長なのでこれくらい細長くてもいいかも。

さてこれから文章をなんとかしなければ。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年04月01日 12:10

バターコーヒー

前から気になっていた「バターコーヒー」。
今回auスマートパスの抽選でファミマのバターコーヒーが当たり、
ちょうどいい機会なので飲んでみました。

容器にも書いてありましたがせっかくなのでサイトでも調べてみました。

バターコーヒーとは、
グラスフェッドバターやMCTオイルに含まれる、
良質のオイルを手軽に摂取できるこだわりのコーヒーとのこと。

グラスフェッドバターは、
自然の中で放牧され牧草を中心に食べて育った乳牛から作られたバターのことで、
ファミマのバターコーヒーはニュージーランド産のバターを使用。

MCTオイルは、中鎖脂肪酸で構成されるオイルで、
一般的な長鎖脂肪酸に比べて消化吸収や分解燃焼が早く、
エネルギーとして消費され、体内に蓄積されにくい油のこと。

今回この商品を開発担当した方は、
以前にココナッツオイルを毎日コーヒーに入れて飲んだだけで、
中性脂肪や尿酸値が下がり、医師に驚かれたという経験があったそうで、
その後、アメリカで出版された「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本で、
バターコーヒーのことを知り、自分の経験とも合致したため、
ファミリーマートオリジナル商品として開発を決めたそうです。

飲んだ味わいはとても飲みやすくて、コーヒーとしてのコクも感じました。

バターとオイルの配合量が多いためそれに負けないように
濃いコーヒーにしたそうで、3種のアラビカ種をブレンド。
それで198円はかなり頑張った価格ですね。

これからコンビニでコーヒーを買うとしたら、
このバターコーヒーがいいかも。

【ほし太の日向ぼっこ】

日時:2019年03月31日 16:20