新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

きらくな寝床

乾漆 その後

16日に作業した乾漆がいよいよ乾いて反ってきたので
板からはがしました。

はがしても反ったままなので
板の間に挟んで重しをかけておきました。

一つ気になったのは板に接着していた面が、
先輩の見本はツルツルで光沢がありましたが、
私のはガサガサで光沢もありませんでした。
先輩に写メを送ってみたら、
「それは貼り付けた板の関係かな、
板からちゃんとはがれたのなら問題ないと思います。」
と言っていただき、
この後、造形をして表面に漆を塗れば光沢も出るでしょう。

同じくらいの段ボールの板で作りたい形の模型を作ってみました。
次回からが楽しみです。

【きらくな寝床】

日時:2020年09月21日 17:58

自然農の田んぼ2020 共同草刈り

9月19日共同作業の草刈りがありました。
約2週間ぶりの田んぼはもう秋でした。

休耕田は草刈り機、柵の周りは鎌で刈ります。

真夏よりも涼しくなってきた今頃の方が草の成長が早いそうです。

6人で一時間半ほどの作業でした。

共同作業の後、大豆畑の様子を見に行きました。
草には全く負けずに益々勢いが増しています。
豆はできていましたがそれほど出来が多くなさそうなので、
大きくなり過ぎて栄養がそちらに取られている気がします。

彼岸の入りにはちゃんと彼岸花が咲きました。

つゆ草も群生になって咲いていました。

こちらは萩の花に似ていますが、名前はわかりませんでした。

【きらくな寝床】

日時:2020年09月19日 18:59

乾漆 その2

一日以上たった今朝、
貼り合わせた布の様子を見たらけっこう反ってきました。

先輩からは「2.3日たったら丸まってくるので、
そうなったら板から布を剥がすタイミングだよ」
ということでした。
昨晩は雨が降り気温も高めだったので漆もよく乾いたのでしょう。
(漆は気温も湿度も高いと乾きがよいのです)
それでも念のためもう一日置いて明日、
剥がしてみようと思います。

【きらくな寝床】

日時:2020年09月18日 17:40

乾漆(かんしつ)

乾漆とは、木や土などの型の上に
麻布を漆で何重にも張り重ねて固める技法のことで、
木の漆器よりもある程度自由な形を作ることができます。

漆塗り同好会で、先輩から乾漆の技法を教わることになりました。

まず下準備(今回は綿製の寒冷紗を使います)
布を洗濯して糊を落とし、
乾かしてから作る大きさにカットしてアイロンをかけます。
正目で3枚、バイアスで2枚、
貼り付け板よりも一回り大きくカットしました。
今回は一時間で5枚の布を貼り合わせる予定です。

まず最初は糊漆をつくります。

米粉30gと水90㏄を鍋に入れ、
中火くらいでかき混ぜながら7~8分煮て、
透明感と粘りが出たら糊の完成(糊はあらかじめ作っておきました)

糊と漆を1:1で練り混ぜます。
まずは糊の半分の量でやってみます。

最初はマロンクリームのような色です。
チョコをテンパリングするような手つきで手際よく漆と糊を混ぜます。

だんだんとチョコレート色になって粘りが出たら完成です。

貼り付け板にヘラで糊漆を薄く伸ばしていきます。

一枚目の布をのせて上からヘラでしごきながらしっかりと圧着させます。
糊漆が布の上までしみ出るくらいになったら、
また糊漆をヘラで均等に伸ばしていきます。
これを繰り返して布を貼り合わせます。
3枚目の布を貼ったところで、
糊漆が無くなったので残り半分の糊と漆を混ぜてまた糊漆を作りました。

先輩は、
「この漆をたくさん使うところが一番のハードル」だと言っていました。
確かにたくさん使います。

5枚の布全部を貼り終わったところです。
このまま2、3日乾燥させてから板から剥がすと
乾漆シートの出来上がりです。

次回は麦漆をつかって作品の側板を張り合わせます。

【きらくな寝床】

日時:2020年09月17日 17:14

自然農の田んぼ 2020 畔草刈り

9月6日、前回の草刈りから3週間がたちました。
『それぞれの田んぼの畔草が伸びてきているので、
各自田んぼに来た時に刈っておいて下さい』と連絡があったのと、
稲と大豆の様子が気になるので草刈りに行ってきました。

共同の黒米と赤米の稲にはちょうど花が咲いていました。

我が家の田んぼの稲も花が咲き終わったようでした。
穂が出たらもう田んぼの中には入らない方がいいのですが、
ヒエや種のしつこい草は抜いておきたいので、
それだけは草刈りしました。

その後は畔の草刈りです。
稲のすぐ際は手で刈りますが、
畔は草刈り機を使ってきれいにします。

水路に草が落ちてしまいそうなところは丁寧に手で刈ります。

田んぼの次は大豆の様子を見に行きました。
遠目でもわかるくらい、3週間前と比べてかなり大きくなっていて、
高さは大人の腰くらいまであります。
サツマイモでよくツルボケというのですが、
葉っぱが大きくなりすぎて栄養を取られてしまい、
肝心の芋が育たないことがあります。
大豆もそうなりはしないかと心配になるほどでした。

田んぼにはアキアカネがたくさん飛んでいて、
気温は高く真夏のようでしたが、
気分は秋を感じました。

【きらくな寝床】

日時:2020年09月07日 17:21

自然農の田んぼ 2020 共同とマイ田んぼ・畑の草刈り

8月16日に共同の草刈りがありました。
まずは、草刈り機で休耕田の草刈りを手分けして行いました。

私は草刈り機が使えないので、
鎌で柵周りの草刈りをしました。

連日の猛暑ので刺すような陽射しの中で、
30分も草刈りすると息切れしそうなくらいでしたが、
1時間半ほどの作業で何とかきれいになりました。

共同の草刈りの後、大豆畑の様子を見に行くと、
この前よりもさらに立派に育っていました。
町田さんからは
「少し育ちすぎだから上の方の芽の先を摘むと横に広がっていくよ」
と教えてもらいました。

早いものは花が咲き始めていました。
マメ科の花はスイトピーのようで可愛いです。

慣行栽培の稲にもちょうど花が咲いていました。
自然農の稲はまだ出穂前でしたが、もうそろそろです。

農作業の後には自家焙煎のアイスコーヒーをご馳走になりました。
労働の後の美味しいコーヒーは格別の味わいです。

【きらくな寝床】

日時:2020年08月21日 14:38

木版画カレンダー

木版画の同好会で毎年作っている版画カレンダーがあります。
1人がひと月づつ担当するのですが来年の私の担当は3月。
とはいえ、版画作りが遅い私は一年に何枚もの版画は作れません。
やっていてテンションが上がるのはやっぱりアシュだと思い、
季節感は無視して、2018年に続いてアシュの第二弾にしました。
前回、先生から「次回は仕上げて終わらせること」と宿題を出されたので、
お盆休みに頑張っています。
今日は一版目を35枚摺りました。
これだけでも3時間半くらいかかってしまったので、
続きは明日、背景を摺ります。

【きらくな寝床】

日時:2020年08月13日 15:21

さび漆

娘の引っ越しの時、欠けてしまったカップを処分するというので、
金継ぎでなおそうと思い持って帰ってきました。
先日漆塗りのサークルに持っていき、
金継ぎに詳しい仲間に聞きながら作業しました。

まずはさび漆を作ります。
さび漆は、砥の粉を水で練ってから生漆を混ぜます。
欠けた部分を埋めるだけなので量はほんの少しで足ります。

欠けたところにはみ出さないようきれいに塗って埋めていきます。
これがなかなか難しい。
やっているそばから固くなってきて、
家に持って帰る途中に一部分がポロリと取れてしまいました。

さび漆が余ったのでちょっと前に継いだ器(これも娘の)
の欠けていた部分にも塗りこみました。

よく見ると何か所かありました。
完成までにはまだ少し時間がかかりそうです。

【きらくな寝床】

日時:2020年08月08日 17:01

自然農の田んぼ2020 田んぼと畑の草取り

8月2日、自然農の田んぼの共同草取りがありました。
今年の梅雨は雨が多くてなかなか田んぼの作業ができず、
7月26日に行う予定の草取りでした。

1日にようやく梅雨明けとなり、晴れて気温も上昇。
作業は柵周りと土手上の草刈りです。
前回の草刈りから約一か月以上たちまた草が伸びていました。

以前は田んぼ全体の周りを草刈りしていたのでかなり時間がかかりましたが、
川沿いの柵周りと土手だけなので6人がかりで約1時間で終了。
きれいになりました。

共同作業の後は自分たちの草取りです。
まずは大豆畑から。
前回の草取りからまだ9日なのでそれほど草もなく、
目についた草取りと、鳥よけの紐を回収することと合わせて30分で終了しました。

次は田んぼです。
前回一列置きに草刈りをした反対の列をやっていきました。
稲が負けてしまうほどの草はありませんでしたが、
稲に寄り添うようにヒエが伸びていてなかなか巧妙です。

ここは一時間で終了。

最後にけがで草刈りができない仲間の田んぼの、
草刈りをお手伝いしました。
ここも一列置きにやってあるので反対側を刈っていきますが、
かなり伸びていて手強かったです。

ここも一時間作業して手前側は何とかきれいになりました。
全部で3時間半、頑張りました。

【きらくな寝床】

日時:2020年08月03日 17:39

自然農の田んぼ2020 田んぼと畑の草取り

前回の草取りから12日、
畑と田んぼの草取りに行ってきました。

まずは大豆畑から。
草はこの前よりも少なくて大豆がしっかり成長しているのがわかります。
新しい葉っぱがどんどん出てきてたくましくなっています。

目立つ草だけ刈っていきました。

もともと草に負けてはいなかったけど、
草を刈ったらもっと伸び伸びしたように見えます。

次は田んぼです。
月曜に中干し期間が終わったようで、
田んぼには水がしっかりと入っていました。

仲間の田んぼの稲は、
分けつがかなり進んでいます。

我が家の稲もちゃんと分けつしていました。

前回かなりきっちり草取りをしたので、
稲が草に負けている所はありませんでした。
一列おきに草を刈って無事終了。
育ちに少し差がでているところはありますが、
昨年と比べても順調に育っています。

マイ田んぼの草刈りは終わりましたが、
次は最近胸骨を骨折してしまい、
3か月田んぼに来られないという仲間の田んぼの草刈りのお手伝いです。

他の仲間も昨日草刈りをやっていったそうですが、
広い田んぼなのでまだまだ終わりそうもありません。

できるところから手をつけます。
草が伸びているので稲を探しながらの草刈りでした。

全部はできませんでしたが、
少しは清々しました。

【きらくな寝床】

日時:2020年07月24日 15:29