新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

自然農の田んぼ 2020 共同草取り

6月28日に自然農の田んぼの共同作業があり、
男性陣は草刈り機で休耕田の草刈りをしました。

女性陣は、鎌で柵周りの草刈りをしました。
今年もすでに何回か草刈りしていますが、
すぐにまた伸びてきます。

ここは一人で頑張ってきれいにしました。

反対側の柵もきれいにしました。

6月14日に田植えをした黒米。

こちらは6月9日に自分たちの田んぼに植えた「あさひ」です。
しっかりと活着し分けつしています。

【きらくな寝床】

自然農の田んぼ 2020 草刈り

6月27日、田植えから18日めに1回目の草取りをしました。
田植え後に、水がちゃんと入っているか少し心配でしたが、
「ちゃんと水が入ってるよ」と町田さんから連絡をもらい、
安心はしていたのですが、
ちゃんと水が入っている所とお湿り程度の場所との差があるようでした。

水があまり入っていなかった場所には、
田んぼにはえる草とは違う種類の草がはえていて、
こんなに大きくなってしまった草もあります。

端から、稲の株周りの草と大きな草を刈っていきます。
稗は小さくてもすぐに大きくなってしまうのでなるべく抜きます。

2時間ほどかけて田んぼ全体をきれいにしました。
稲は活着して分けつも始まっていてまずは一安心です。

【ほし太の日向ぼっこ】

チーズティ―

ローソンに寄ったら―」マチカフェに「チーズティー」というのがあり、
どんなものか興味が湧いたので買ってみました。

出てきたのがこれ。
そもそもどんなものかも知らなかったので、
一目見て、コーヒーだったのかな?
と思うくらい濃い色のストレートティーと、
チーズティー用チーズフォームというのが渡されました。

これを10秒から15秒シェイクしてティ―にのせたら完成。
キレイに二層になりました。
チーズフォームだけを飲んでみるとほんのりと甘くてしょっぱいチーズ味。
紅茶はそのままストレートなので、
混ぜるとチーズ味のミルクティのような味わいでした(そのままだねぇ)
好みでガムシロップを入れて飲んでもいいらしいです。

【ほし太の日向ぼっこ】

映画「ドクター・ドリトル」 監督:スティーブン・ギャガン

原作は、1920年に刊行されたヒュー・ロフティングによる児童文学。
遥か昔に読んだことがありますが内容は忘れていました。
でも私自身、とても動物が好きだったので、
動物と自由に会話ができるドリトル先生のようになりたい!
と思ったことだけはよく覚えています。

ドリトル先生は、愛する女性を失ってからというもの、
人間との接触を断ち、様々な動物たちと広大な屋敷でひっそりと暮らしていました。
そこは女王陛下から与えられた土地でしたが、
ある日、陛下が瀕死の病に倒れ明日をも知れぬ命との知らせが来ます。

女王陛下が亡くなってしまったらここから立ち去らなければならないため、
ドリトル先生は、動物たちと力を合わせて、
陛下を救うための幻の木の実を求めて伝説の島へ向かいます。
国家転覆を謀る悪臣たちにより航海は様々な困難に遭遇します。

動物好きの心優しい少年トミー・スタビンズが助手として必死の覚悟で船に乗り込み、
先生の片腕的存在のオウムや、憶病なゴリラ、
寒がりの白熊など個性的な動物たちと繰り広げるハラハラドキドキの冒険は、
最初から最後までとても楽しかったです。

仕事が終わってからの時間だと吹き替え版しか選べませんでしたが、
それがかえって良かったのではないかと思うほど、
俳優さんと吹き替えの声のイメージがピッタリでした。

【ほし太の日向ぼっこ】

自然農の田んぼ 2020 番外編 大豆作りその2

大豆の種をまいてから約2週間たち、
6月27日に田んぼの草取りと大豆畑の草取りに行きました。

遠くから見た感じ、芽が出ているのかよくわかりませんでした。

近くに行ったら、ちゃんとしっかりと芽吹いています。
二か所だけ発芽していない場所がありましたが、
蒔いたほとんどが芽を出してくれていたのでひと安心です。

まだそれほど雑草もはえていませんが、
大豆の近くの草は刈っておきました。
今後の成長が楽しみです。

【きらくな寝床】

自然農の田んぼ 2020 番外編 大豆作り その1

6月14日、共同の田んぼの田植えの後、
大豆の種まきをしました。

昨年までの場所は2年続けて大豆を作ったので、
今年は隣の畑に移りました。

昨年は種を蒔く時期が遅かったのも理由の一つで、
せっかく出た芽が鳥に食べられてしまいその後も挽回できませんでした。
その反省を踏まえ今年は早めにすることにしました。

30~40センチ間隔で大豆を撒くところをかるく耕します。
最初は両端2か所にしたのですが、
けっこう間隔が広かったので真ん中にも撒くことにしました。
一か所に二粒づつ大豆を置いてかるく土をかぶせたら草をのせます。

最後は鳥よけの紐を張って終了。
紐はもっと細いのがよかったのですが買いに行く暇がなく、
太めの紐になってしまいちょっと心配でした。

【きらくな寝床】

いつの間にか…

最近はこまめに家の周りの草取りをやっていますが、
気づかぬうちに大きなプランターがあった場所から、
朝顔の芽らしきものが出てきました。

プランターには、昨年ネギや青シソを植えていたのですが、
すっかり虫に食われてしまい種もできなかったようで、
土しか入っていなかったため、
先日中を空っぽにしてどかしたばかりでした。

二年前の夏、版画のお仲間から朝顔の鉢植えを譲り受けましたが、
その鉢は事務所に持って行った記憶があり、
ここから朝顔の芽が出たのが不思議でなりません。
ツルが巻きつけるように細めのパイプ管を立てておきました。
ちゃんと育って花を咲かせてくれるのか楽しみです。

そしてこれは青じそ。
今日は午後から田んぼの共同作業の草取りがあり、
その時に野菜を作っている山口さんの畑の青じそを、
一本戴いて植木鉢に植えました。
虫に食べられないよう、枯れさせないように頑張って育てます。

【ほし太の日向ぼっこ】

まだ入れます!

アシュは調子にのると猫タワーにクライマーのように上ります。
「クライマーのように」というのは、
普通の猫ならジャンプして飛び乗るところを、
腕の力で懸垂するように上がっていくのです。

今日も二段目までその形で登っていくのを確認し、
しばらくしてから見に行ったら、
一番上のハンモックの中にいました。
ハンモックはかなり小さいので、アシュが入るとはみ出ます。

耐荷重もかなり危ないと思うのですが
(かなり傾いてきました)
それでもたまに入っている所を見ると、
気にいっているのでしょう。

【猫とお昼寝】

プラム

我が家のプラムの木は30年ほど前、
父親と一緒に行った植木市で買って庭の片隅に植えてもらったものです。

毎年たくさんの実をつけていましたが、
一昨年お隣のアパート側の大家さんからはみ出した木を切るように言われ、
植木屋さんにお願いして庭の木の選定をしてもらったら、
見事に丸坊主になりました。
その年はすでにたくさんの実をつけていたのですが、
まだ熟す前で一つも収穫ができず、
昨年実をつけたのは二つだけでした。

それが今年はたくさんの花を咲かせてくれて、
実もたくさんなりました。

毎朝、熟した実が2、3個ポトリと落ちていて、
それがとっても美味しいです。
でも車で轢いてつぶれてしまう実もあり、
そろそろ収穫しなければと思っていました。

今朝、脚立に上って手が届くところの赤くなった実を収穫しました。
木で熟すのとは違うかもしれないけど、
この実も少し置けば熟して甘くなるでしょう。

【ほし太の日向ぼっこ】

月イチ歌舞伎6月「喜撰/棒しばり」

月イチ歌舞伎の6月「喜撰/棒しばり」を観劇しました。

二本立てで77分という短さですが、
あっという間に感じないほど見応えのある舞台でした。

「棒しばり」
狂言が元になった松羽目物。
酒好きの太郎冠者と治郎冠者、
主人が、家を留守にする間酒を飲まれるのを心配して、
太郎冠者の両手を後手に、治郎冠者の両手は棒に縛って出掛けます。
それでも二人は苦心して協力しながら蔵の酒を飲みます。
次第に酔っぱらって舞に興ずるうちに主人が帰ってきて…。

初演時、六世尾上菊五郎と七世坂東三津五郎が大当りをとったという演目を、
それぞれの孫、曾孫にあたる勘三郎さんと三津五郎さんの二人が勤めています。
プライベートでも仲が良かったというお二人の息の合った楽しい演目でした。
途中何度も声を出して笑ってしまいました。

今はお二人とも鬼籍に入られてしまい、
もう二度と生で観られないのが何とも残念で悲しいです。
2004年4月歌舞伎座にて上演。

「喜撰(きせん)」
桜が満開の京都が舞台。
高僧の喜撰法師が、祇園の茶くみ女に心を奪われて口説きますが、
あっさり降られてしまい、
お迎えに来た弟子たちと賑やかに踊り、庵に帰っていくという名作舞踊。

舞踊の名手、坂東流家元の
三津五郎さんの素晴らしい踊りをひたすら堪能できます。
七世坂東三津五郎の当たり役ということで、
祖父、父、そして三津五郎さん自身も襲名公演で踊った演目で、
坂東家の芸なのだそう。

小僧さんたちの顔ぶれが豪華で、
松也さん、巳之助さん、壱太郎さん、新悟さん、右近さん、
といった私でも知っている若手俳優さんたちの、
さらに若いときの姿を垣間見ることができて嬉しかったです。
2013年6月歌舞伎座にて上演。

【ほし太の日向ぼっこ】