新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

月イチ歌舞伎『鷺娘/日高川入相花王(ひだかがわいりあいさくら)』

歌舞伎の世界を映画のスクリーンで体験できる月イチ歌舞伎。
6月は坂東玉三郎主演の2演目でした。

まずは『日高川入相花王 2005年(平成17年)10月 歌舞伎座にて上演』

人形浄瑠璃を歌舞伎舞踊化した「道成寺物」の作品ということで、
清姫役の玉三郎と、船頭役の市川九團次が浄瑠璃人形で、
人形遣い役として尾上菊之助が玉三郎の後ろにいるという面白い趣向でした。

安珍を追って日高川にやってきた清姫。
船頭に舟を渡してくれと頼むが夜も遅いので渡してくれない、
次第に、清姫が嫉妬と怒りに狂いだし最後は大蛇となります。

よくヒップホップなどでロボットのような動きをするダンスがありますが、
それを日本舞踊で表現するという圧巻の演技。
素人が見てもかなり高度な動きだとわかります。
見応えがありました。

続いて『鷺娘 2005年(平成17年)5月 歌舞伎座にて上演』

白無垢姿の娘が降りしきる雪の中に佇んでいる。
それは恋に悩む白鷺の精の化身でした。
赤い唇と赤い足袋、そして蛇の目傘で、
艶めかしく、儚く、美しく、
一途な恋心と、この世の者ならぬ姿をこちらに想像させます。

息遣い、手先、足先、全てが美しく、
着物の早変わりとともに恋心の変遷も表現されます。
そして最後は降りしきる雪の中、叶わぬ恋とともに命の終わりが訪れます。

高度な技術と、数十キロにも及ぶ着物と髷でかなりの体力を要するため、
2009年の上演を最後に全編を踊ることはもうないと明言されているそうで、
そういう貴重な演目を見ることができるのもこの月イチ歌舞伎の醍醐味でもあります。

ムービックス清水では7月4日までの上演、
できるならもう一回見たいくらいの素晴らしい玉三郎さんの演技でした。

【ほし太の日向ぼっこ】

まだ大丈夫

猫タワーの一番上についているハンモック。
アシュにはもう小さすぎると思っていたら、
日曜日の午前中、この中でお昼寝してました。

まだ入れたんだね。

気持ちよさそうに寝てたところにちょっかい出したら、
顔を出してぺろぺろしてました。
狭そうだけど、居心地いいのかな?

【猫とお昼寝】

静岡メロン

小、中学で一緒だった同級生が浜松で旦那様と一緒にメロンを作っています。
そのルナサン農園から毎年この時季にメロンを送ってもらっていて、
昨日、今年のメロンが届きました。
いつもは静岡のお盆の頃に合わせて、
7月のはじめ頃に送ってもらっていましたが、
茨城のメロンと時期が重なるので、
少し前倒しして、6月中に送ってもらうことにしました。

直接送ってもらうところと、自分で届けるお宅があるので、
メロン用の箱も一緒に頼みますが、
ルナサン農園のメロンは毎年とっても大きいので、
たまに市販の箱に収まらないときもあります。
今年のメロンもとっても立派で、
箱に入れるのがぎゅうぎゅうでかわいそうなくらいです。

食べごろは7月6日ごろと書いてあります。
さっそく我が家の分は今朝仏壇にあげましたが、
大きくて転がり落ちそうなくらいでした。

食べごろになるのを楽しみに待ちます。

【ほし太の日向ぼっこ】

野菜の炊き込みご飯

昨日作った「シシトウの炊き込みご飯」が、
思った以上に美味しかったことに味をしめ、
今日は「インゲンのご飯」を作ってみました。

インゲンのご飯もネットで検索してみたらやっぱり上がってました。
ツナ缶と一緒にインゲンを炊き込むというレシピだったけど、
それだといつもやっているツナ缶ご飯とあまり変わらないような気がするので、
今回はオリジナルで塩昆布を使うことにしました。
普通に炊いている炊飯の途中(最後の方)に、
洗ってヘタをとり、2センチほどに切ったインゲンを上にのせそのまま蒸す。
炊き上がったら塩昆布と一緒に混ぜ込んで出来上がり。
簡単です。

昆布の出しと塩気でインゲンの甘さが引き立ちます。

たいていのお野菜で炊き込みごはんができることを確信しました。
また何か考えてやってみようっと!

【ほし太の日向ぼっこ】

シシトウの炊き込みご飯

この前シシトウをたくさん戴き、半分でシシトウ味噌を作りましたが、
半分はとっておいて「他の食べ方ないかなぁ」と考えていたら閃きました。

去年のおまちバルでお弁当屋さんが一軒あり、
そこで春菊の炊き込みご飯を食べて感動したのを思い出し、
もしかしたら「シシトウの炊き込みごはんもいけるかも」と思ったのです。

ちょっと心配なのでネットでレシピがあるかな?
と探してみたら…ありました!

同じようなことを考える人っているもんですね。

レシピは、お米2合に、シシトウ大きいものなら3本(普通サイズなら6~9本)、
醤油大さじ1、酒大さじ1、塩ひとつまみ、かつお節一袋(4.5g) レモン汁3滴

シシトウは種とヘタをとって細切りにします。
会社のお昼は5.5合くらい炊くのでシシトウは15本くらい刻みました。

刻んだシシトウとかつお節、醤油、酒を炊飯器に入れて普通に炊きます。
炊き上がったら食べる時にレモン汁をかけて混ぜますが、
好きならお茶碗によそってからかけても美味しいです。
レモン汁がかなりいい仕事してます。

今日はシシトウご飯に敬意を表し夏っぽいおかずにしてみました。
メインはマーボー茄子、大根切干の煮物、シメジと舞茸の玉子とじ炒め、
イベリコ豚の冷しゃぶ梅と大葉とミョウガ和え。

ご飯を炊いている時からすごくいい香りがしました。
私的にはとっても美味しいご飯ができたと思ったけど、
食べたメンバーから「美味しい!」っていう声は特になかったなぁ(涙)

【ほし太の日向ぼっこ】

大好きな場所

タツマの事務所横の自転車置き場で生まれた猫のアシュ。
毎日一緒に出勤しているので、
事務所の中はすっかりアシュの第二のお家です。
その中でもいくつかお気に入りの場所があって、
その一つが奥の休憩室です。
どうやらそこは自分の部屋だと思っている節があります。

お昼にはスタッフがそこでお昼ご飯を食べるので、
猫の苦手なスタッフもいて、
アシュはその時間 中には入れません。

でも入りたくて入り口でずっとドアが開くのを待っています。

「アシュ!」と呼べばこちらを向いてくれますが、
すぐにじっとドアを見つめ、ドアが開くのを待ち続けるアシュでした…。

【猫とお昼寝】

お店の前の農園

今年もスタッフがお店の前で色々な野菜を育ててくれています。
サニーレタスはすでにたくさん収穫させてもらい、
もうかなり背が伸びてしまいました。
写真はコレからが楽しみなトマト。

これはゴーヤ。
姉の孫が学校から持ち帰った苗を植え替えたら、
この一週間でこんなに大きく育ちました。

今は大葉とネギが収穫時期です。
いつもお昼のおかずに一役かっています。
手前に見えるのはバジル。
ネギは一昨年、長砂の農園からもらったものや、
私が買ってきたネギの根っこを植えたものが、
ずっと元気でいてくれています。
スタッフKさんのおかげです。

【ほし太の日向ぼっこ】

ローソン フルーツインティーグリーン

ローソンに寄ったら、
フルーツインティのグリーンティがあったので買ってみました。
なんと今日から発売だったのね。
去年は大人気ですぐに売り切れてしまい、
ローソンのお店を娘と一緒に探し回っても、
結局飲む事ができませんでした。

凍ったレモンとライム、リンゴの角切りが入っています。
グリーンティだから飲みやすい上に、
レモンとライムでさらに爽やかさが増しています。
暑い夏にこそ飲みたいので、
コレを参考に家でも作ってみようっと!

【ほし太の日向ぼっこ】

自然農の田んぼ 2019 田植え後の草取り一回目

6月23日田植えをしてから三週間がたち、
最初の草取りに行ってきました。

田んぼ全体にスギナが目立ちましたが、
それほど背の高い草はまだありません。

苗の育ちはマチマチで、よく育った苗はもう分けつが始まっていました。
降水確率20%、一日曇りの予報だったため、
比較的涼しい農作業日和と言える天気でした。

田植えが終わっていない田んぼでは、
仲間がラストスパートで苗を植えていました。

共同の田んぼの続きは仲間の一人が、
二日かけて全部植えてくれたそうです。

中腰で約2時間、
最後のほうは雨が降り出し、
雨に濡れての草取りは大変でしたが無事終了。

次は2週間後、また草取りと大豆の種まきをします。

【きらくな寝床】

僕だけがいない街 三部けい 著

数年前に映画化され、その時にとてもみたいと思ったことを覚えています。
姪がこのコミックを持っていることを今回知り、
ようやく原作を読むことができました。

ところが、この作品は、原作コミック、テレビアニメ、実写映画化と、
3つの作品があり、それぞれのラストが違うのだそう。

今回全10巻を一気読みしました。
サスペンス、推理小説、SFありと、様々な要素が絡み合い、
展開が早い上に伏線もたくさんあって、最初慣れるまでは少し大変でした。
が、登場人物の一寸した表情や違和感から、だんだんと犯人の予想がつき、
結末に至るまでの息をのむようなかけひきもドキドキしながら読みました。

面白かったです。

最終巻は外伝で、一話づつ登場人物一人にスポットを当て、
丁寧に描かれていたので、より物語の理解が深まりました。

アニメと映画もみてみたいです。

【ほし太の日向ぼっこ】