新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

追分羊かん

旧清水市(元静岡市)の名物『追分羊かん』を戴きました。
というのも、木版画の仲間が県の版画協会展で、
初出品なのに奨励賞を受賞したことで、
そのお礼にと(私たちは何もしていませんが)
みんなにこの追分羊かんを買って来てくれました。

地元の名物なのでもちろん食べたことはありますが、
そうそう自分で買ってまでは食べません。
ということでとても久しぶりで、嬉しく美味しく戴きました。

追分羊かんは、創業元禄8年とあり、
徳川家光の時代に、明の僧から製法を伝授されたのだとか。
300年変わらず手作業で作られているそうです。
竹の皮に包まれた蒸し羊かんで、
竹の香りがする、甘さ控えめのもちっとした食感です。

かの、ちびまるこちゃんも、
幼いころお小遣いをためて買いに行ったという逸話もあり、
地元ではなじみ深い名物です。

【ほし太の日向ぼっこ】

達磨庵 歳時記の写真

先日の田んぼの共同作業のとき、
電柵にさわっていて泣く泣く刈り取ったコスモスの花を、
そのまま畑の肥やしにするのは勿体無いので家に持って帰って来ました。

2日たっても元気だったので、
ふと10月の歳時記の写真に使えるかも、と思い急遽写真撮りしました。

タイトルはずばり「秋桜」で、
百恵ちゃんが歌った、さだまさしさん作詞の歌詞をイメージしました。

が、事前に準備していなかったので、
中々コスモスと干し芋だけだと難しかったなぁ。
あまりいいできの写真が無かったからもう一度撮りなおしかも。

【ほし太の日向ぼっこ】

お墓参り

秋分の日、主人と二人でお墓参りに行ってきました。
いつもは娘と二人なので土井ファームのランチを食べますが、
そこはパンとジェラートなので、
“おにぎらず”を作ってもって行くことにしました。

具は、スクランブルエッグとランチョンポークときゅうりです。

新清水までは新東名、そこから芝川周りです。
雪のない富士山がうっすら見えました。

お彼岸の中日なので、お墓を訪れる人がとても多かったです。
金木犀の香りがどこからともなく漂ってきて、
早くも紅葉が始まった木もありました。

気温は高めでしたが空気が澄んでいて気持ちよかったです。

無事お墓参りも終わり、
お昼ごはんをどこで食べようかと考えて、
いつも気になっていたお蕎麦の旗が立っているところに行ってみることにしました。
(その前に、おにぎらずは車の中で食べました。
少なめにしたのでお蕎麦なら十分食べられます)

矢印を頼りに行ってみると、
簡易郵便局の母屋の裏にありました。
名前は『そば処 黒門』です。

10人ほどの人が並んでいて、列の最後の方が
「予約していないなら、おそばがあるか聞いたほうがいいですよ」と、
教えてくれました。
聞いてみるとなんと私たち2人でおしまいとのこと。
ラッキーでした。

メニューはシンプルで、
天ぷらそば、天ざる、ざるそば、ざるうどん、おしるこ、のみ。
私たちは天ざるを注文しました。
中では元気のいいおば様方が、天ぷらを揚げる人、おそばをゆでる人、
運ぶ人、店長というように分業されていました。

並び始めてから1時間。
ようやくお目当てのお蕎麦が出て来ました。
てんぷらはサクサクで、おそばに、お豆腐やゴーヤのサラダ、がんもどきの煮物などがつき、
最後はお汁粉までサービスに出して頂きました。
おそばはけっこう大盛りで、おにぎらずを食べてあった分、
かなりお腹がいっぱいになりました。

これで1000円はかなりお安いと思いました。
電話で予約しておけばお蕎麦はとっておいてくれるようなので、
来月は娘を誘ってまた来たいです。

【ほし太の日向ぼっこ】

またまたアシュ

ここ2日くらいは少し蒸し暑い日が続き、
いったん元気になったアシュがまたもや夏モードに逆戻り。
あまり動きたくないのか、
寝てばかりで遊んでくれません。

そういえば、Eテレの0655でねこねこ55の紹介番組をやっていて、
ねこあるあるあるの歌の新作が出ました。
そこで歌われていたのは、
「思っているよりも長い」という歌詞。

うんうん、確かにアシュも体を伸ばすと、
まあ長いこと!
ストレッチポールと同じくらいの長さまで伸びます。

この前娘が帰ってきた時にかぶせられたしろくまの帽子。
やっぱり被り物は大嫌いらしく、
まず顔つきがうつろになり、だんだん不機嫌になり、
最後は暴れて脱ぎます。

その途中の奇跡の一枚です。

【猫とお昼寝】

自然農の田んぼ 2018 共同作業の草刈り

9月22日、共同作業の草刈りがありました。
このところすっかり秋めいて涼しい日が続いていましたが、
朝から晴れて気温が上がり、
久しぶりに熱中症という言葉を思い出しました。

6人で午前中1時間半、休耕田と電柵下の草刈りをしました

草刈り後の電柵下です。
久しぶりに暑さの中での作業だったので中々きつかったです。


お昼ごはんを食べてから、
自分たちの田んぼの様子を見てみると、
2週間前にも草を刈ったのに、ヒエが大発生していました。

もうだいぶ穂が出揃っているので
本当は田んぼに入りたくないのですが、
背に腹は変えられず、
最初は手の届く範囲だけと始めましたが、
次から次と目に付き結局一通りヒエを中心に草刈りしました。

ほとんどは“あさひ”という品種ですが、
田植え後に稲がなくなってしまったところに植え継いだのは、
共同の苗床で作った赤米だったので、
所々に赤米の穂があって綺麗でした。
2本だけ背の高い稲もあります。

田んぼの草取りの後は大豆畑の様子を見に行きました。

2週間前に花が咲いていた後に豆のサヤができていました。
大豆のたくましさにが嬉しいです。

ここでも大きな目立つ草を刈りました。

まだサヤの中身は膨らんでいないので
収穫は田んぼの稲刈り後になりそうです。
枝豆で食べたり、もしかしたらお味噌もつくれるかも、
と今から楽しみな収穫です。

【きらくな寝床】

シシトウの佃煮

先日運転中に聞いていたNHKラジオ“ひるのいこい”。
テーマソングがとっても印象的でのんびりとしたごく短い番組です。
その時、視聴者からのお便りで「この時季はシシトウで佃煮を作っている」と紹介されました。
それを聞いてから一度自分でも作ってみたくて覚えていました。

ちょうどこの前友人のGちゃんから戴いたシシトウがまだ少しあったので、
それを使って作ることにしたのだけれど、
シシトウ味噌を作るのに使ってしまい、量があまりなかったので、
一緒に戴いた細めのピーマンも使うことにしました。

シシトウとピーマンは、半分に切って種を取り出し、
ピーマンはさらに細く切りました。

分量とか調味料の説明はなかったけれど、
「シシトウは湯がいてから…」というのが記憶にあり、
まずはお湯でさっと茹でました。
いつもの私なら、たぶん茹でずにごま油で炒めたことでしょう。
こちらのほうがヘルシーです。

茹でたシシトウとピーマンに、
酒、砂糖、醤油、かつお節1パックをを入れて煮詰めます。

出来上がりました。
カサがけっこう減ってしまったけど、いいご飯のお供になりました。
今日のお昼の一品です。

【ほし太の日向ぼっこ】

懐かしの…

昨晩、漆塗りの同好会でメンバーの一人が持ってきた懐かしの紙袋。
静岡のレコード屋さん「SUMIYA」のLPサイズの紙袋でした。

年季が入っています。

中から出てきたのは、大滝詠一、佐野元春、杉真理のアルバム、
ナイアガラ トライアングルVOl.2 でした。

思わず声が出てしまいました。

こちらがお馴染みの表。
なんと懐かしい。
家にステレオがあれば、すぐに借りて行って聴きたかったところですが、
CDに録音をお願いしました。
次回楽しみです。

ナイアガラ トライアングルは、1982年に発売されたそう。
実際のLPレコードを見たのは始めてかも。

思いがけないところで、思いがけなく懐かしいものに出会うのは感慨深いです。

【ほし太の日向ぼっこ】

木版画

木版画の同好会で去年から作っているカレンダー。
一人が一月担当します。
私は2月担当ですが、新たに作っている時間がないので
製作途中のアシュの版画に無理やりみかんを付け加えて冬っぽくしました。

この前の時間は背景を30枚刷り、
今回は、一部の輪郭とアシュの毛並みの二版を頑張って刷りました。
背景は「つぶし」と言って全面に均等に色をのせなければならないので一番大変です。

今回はアシュの色がついているところの毛並みなので、
わざとムラにのせてみました。

残りは、あと3版。
だんだんと完成が近づいて来ました。

【ほし太の日向ぼっこ】

青蜜柑

私がまだ子供の頃、辺りの山にはみかんの木がたくさん植わっていて、
母親の実家もみかん農家でした。
だから冬になると毎日みかんを食べていました。

今ではみかん山も少なくなり、
母の実家もみかん農家はやめてしまいました。
それでも清水はまだみかん農家が残っていて、
みかん屋さんもあります。
配達スタッフがみかん屋さんで買ってきてくれた青蜜柑。
一山200円だったそうで10個くらいありました。
見た目は酸っぱそうですが甘くて美味しかったです。
今年の初物です。

【ほし太の日向ぼっこ】

リメイク朝ごはん

お昼ごはんにビビンパを作ったとき、
小松菜とモヤシ、ジャガイモをゆでたゆで汁をとっておいて、
簡単コーンスープを作りました。
ゆで汁に野菜ブイヨンとクリームコーン缶を入れ、
塩胡椒で味を調え、とき玉子を流し入れたもの。

それが残ったので、
翌日の朝ごはんにリゾット風にしてみました。
温めたコーンスープに冷ご飯を入れてとろけるチーズをかけて、
旦那様のお味噌汁に入れたカニの身と刻み葱をトッピングしたら完成!

おー意外と美味しい!!

【ほし太の日向ぼっこ】