新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

楽しみな花♪

1101190.jpg

我が家の植木は、ほとんどが父親の好きな実のなる木ばかり。
たぶん一番好きなのは ぶどうの木
そして、柿の木、みかんの木、スモモの木…。

そんな中、父親が植えた木で唯一と言ってもいいくらいの
花だけを楽しむ木、姫つばき。

薄いピンク色で花びらが八重になっていて本当に綺麗♪

毎年一番寒いこの時期に咲く貴重な花です。

冷たい澄んだ空気の中で咲いている姫つばきの花を見ると、
新春という気がします。

あとニ、三日中には咲いてくれるでしょう。

【ほし太の日向ぼっこ】

おめでとう!

%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%9B%9B%E7%AF%80%E6%B0%97%28%E5%A4%A7%E5%AF%92%20%E7%AB%8B%E6%98%A5%EF%BC%89%200000.jpg

マクロビオティックで「おめでとう」と呼ばれているメニューがあります。
それは、玄米と小豆で作るおかゆ。
なぜ「おめでとう」なのかというと、
これは病気の回復食としてよく用いられるから
「病気が治っておめでとう」ということらしいのです。

このメニューを習った時、
食べたら身体がぽかぽかと温まったことを思い出します。

それは、徹底的に陽性にこだわった作り方。

①玄米は水で洗わず布巾で拭きます。
②土鍋に入れて炒ります。
③玄米がきつね色になり、
少しはぜて白い花が咲いたようになったら、
④そこに小豆と水と塩を加えて、
⑤沸騰したら弱火で
一時間半から二時間炊いて出来上がり。

これに手作りのごま塩をかけて食べるのですが、
冷えた体が欲していたのか、
とっても美味しく感じます。

小豆は腎臓によいので、
余分な水分や毒素も一緒に排出してくれそうです。

一番寒いこの時期にはぴったりなメニューです。

【ほし太の日向ぼっこ】

久しぶりの作品♪

1101170.jpg

12月はお休みだった木楽名会(きらくなかい)。
新年初めての会で、久しぶりに作品を一つ作りました。

それは端材で作った小さな椅子。
座面は、家具メッセで確か200円くらいで買った板
父親に聞いたら鉄刀木(たがやさん)という結構高い木だそう。

全然知らなかったけど、厚みと木目が気に入って買っておいたもの。

それに端材で足をつけようと思ったら、
ちょっと板が細くて安定がよくなかったので、
思い切って端によせ、桜の枝を一本たしてみました。

正面から見るとちょっと象さんって感じかな?
低い子供用みたいな椅子だけど、
結構気に入っています。

【ほし太の日向ぼっこ】

中央自動車道

0114m2.jpg

冬の良く晴れた日に車で走るのはホントに気持ちがいいですね!
特に、中央自動車道の韮崎インターから
小淵沢インターに向かう途中は
八ヶ岳を右斜め前に、
左には南アルプスの雄大な山々を臨む特別な道。

走りながら山々を眺めていると、
はるか昔からずっと変わらない
この同じ景色を見ていた多くの人々がいたことに思いを馳せます

小淵沢から韮崎へ向かう道は、
八ヶ岳は見えなくなるけれど、前方には富士が見えます。
山の稜線の上に浮かぶように聳える富士の姿は、
まるで天女のように神々しく見えます。

【ほし太の日向ぼっこ】

マーボー豆腐定食♪

0114m1.jpg

小淵沢の道の駅にあるホテルスパティオ小淵沢の5階に
「山水楼 龍淵」という中華料理のお店があります。
ここは平日とっても美味しい中華のランチが750円という安さ!

特にマーボー豆腐はかなりの辛さですが、
土鍋で熱々、たっぷりの量があり大満足です。

娘の学校が道をはさんだ向かい側にあるため、
小淵沢に行くとたびたび訪れます。

マーボー豆腐のほかに、
スープに野菜サラダ、ご飯とザーサイ、杏仁豆腐も付きます。
ご飯はおかわりもできて、ウーロン茶とコーヒーも飲み放題!

お店の方も皆さん感じがよくて、
もし家の近所にあったらしょっちゅう通いたくなるお店です。

【ほし太の日向ぼっこ】

新年最初の「もでらあと」

0114m0.jpg

1月の「もでらあと ライブ」は、
ピアノ、フルート、コントラバス、ドラム のカルテット♪
予告では、ジャズを中心に演奏するということでしたが、
一部は結構クラシック中心でした。

先日のフルート四重奏でも聴けて大満足の「春の海」、
今回はピアノとフルート1本で、
全く違ったジャズっぽいアレンジが、格好よかったなぁ。

面白かったのは、コントラバスの無伴奏組曲が聴けたこと。
普段はなかなかコントラバスだけの音色を聴ける事はないけれど、
柔らかく、それでいて重厚な響きに感動しました。

そして、二部のボラン作曲「ジャズ組曲。
私は初めて全曲通して聴けてとても嬉しかったです。
この曲は、ジャズとはいっても楽譜に全て書かれていて、
クラッシック演奏者には演奏しやすい曲なのだそうです。

ジャズのプレイヤーはアドリブをいれるので、
楽譜にきっちり書かれているのはかえって嫌がるのだとか。

自らもジャズ奏者であったボランの曲は、
格好いいなあといつも思います。
この夜も音楽に癒されました,

【ほし太の日向ぼっこ】

「人間物語」長 新太(芸術新聞社)

1101121.jpg

大好きな絵本作家の「長 新太」さんが描いた、
大人向けの漫画があると知ったのは最近です。

長さんといえば、「おしゃべりなたまごやき」「ごろごろ にゃーん」や
「へんてこライオン」、「キャベツくん」シリーズなど、
子供の心をつかむ絵本がたくさんあります。

この「人間物語」、絵本でおなじみの長さんの絵そのまま。
けれど、中身はとってもシュールな
漫画だけれどホントに大人向けだなあと読んでいて思いました。

岡本太郎さんや、ピカソに通じるエネルギーと
想像力を感じました。

【ほし太の日向ぼっこ】

フルート四重奏

1101120.jpg

成人の日に静岡県立美術館の講堂で
友人出演の「フルート 四重奏」のコンサートがありました。

この新春コンサートの楽しみは、
一年に一度だけ「春の海」が聴けること♪

ずっと以前には、新年には必ずテレビで流れていたこの曲も、
最近ではあまり聴けなくなりました。

でもお正月といえばやっぱりこの曲!

琴と尺八のオリジナルもいいけれど、
フルート四重奏で聴く「春の海」、とっても素敵でした。

伴奏の編曲は出演者のひとり、
川島 祐子さんがされたというのも驚きでした。

【ほし太の日向ぼっこ】

八戸せんべい汁

12301.jpg

岩手県の名物「南部せんべい」が好きです♪
今年になって実家に里帰りしたスタッフの1人が
お土産に買ってきてくれました。

彼女は、「落花生の方が美味しいですよ」
と言ってましたが、
胡麻のほうもかなり好きです。

その南部せんべいを汁にした
「せんべい汁」なるものがあると知ったのは少し前です。

以来、東北へ行ったときはそのせんべい汁を探すようになりました。

今回は、主人が「上野駅で見つけた」と
茨城からの帰りに買ってきてくれました。
それもカップめんタイプ!

普段、インスタント食品は殆ど食べません。
けれど、これだけは興味が勝ってイザ挑戦!

具がレトルトになっていて、
平茸やごぼう人参、鶏肉などがけっこう美味しく入っていました。
これだったら見つけたらまた買ってしまうかも

【ほし太の日向ぼっこ】

今月のおまけ干しいも

1101100.jpg

干しいもブログなのに久々の干しいもの話です。
今月の毎月お届け会員のお客様にお届けするおまけは
「紅まさりの丸干しいも」です。

紅まさりというのは最近できた品種で、
もともとは焼き芋用につくられたそう。

昨年、干しいものタツマのお店で「丸干しいも祭り」という企画をやった時に
いろいろな品種の丸干しいもを食べ比べしたのですが、
私は中でもこの「紅まさり」が一番美味しいと思いました。

干し芋の王様といってもいい、玉豊【たまゆたか】と比べても
それ以上と感じたほど、本当に美味しい干し芋でした。
それは、この飛田登美雄さんが丁寧に作る農家さんでもあるからです。

この「紅まさり」、まだまだ作っている農家さんが少ないので、
販売できるまでは量が確保できません。
もっともっとこの「紅まさり」を作る農家さんが増えて、
皆様にもこの美味しさを味わってもらえたら嬉しいなと思っています。

【ほし太の日向ぼっこ】