新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ほしいも 色の変化

ほしいも統計

日本各地のほしいも

よくあるご質問

ほしいもブログ

ほしいも農家の皆さん





ほしいもブログ

アシュのお気に入り

このところめっきり寒くなりました。
でもたぶん12月としてはこれが普通の陽気なんでしょう。
アシュは長毛種なので寒さにはめっぽう強く、
昼間ウトウトして深夜になると活動的になり、
一人で廊下を走り回ったりしているようです。
肉球は毛でおおわれていないから冷たくないのかな?

ということで昼間ウトウトする時のために、
お気に入りの毛布と一緒に出勤することにしました。
赤ちゃんの時から使っているので、
チュウチュウしたりふみふみしたりとお馴染みです。

まるでお布団にくるまれているようにしてあげたら、
なんともいえない至福の表情に見えます。

【猫とお昼寝】

ウチカフェ×GODEVA フォンダンショコラ

ローソンから発売中のGODEVAのフォンダンショコラをようやく食べました。
お店の人に聞いたら、
最近は発注しても人気でその数が入らないほどだそう。

600ワットのレンジで20秒チン。
中からトロリとチョコソースが流れ出ます。
うん、あまーい。
試しに菊姫と合わせてみました。

淳、山廃純米生原酒、BY大吟醸、特選純米。
たいていのスイーツや果物はけっこう菊姫と相性がいいけど、
これはさすがに菊姫の甘さが消えちゃいました。

【ほし太の日向ぼっこ】

BEYOND PIZZA 相模屋

マスカルポーネのようなお豆腐が大好きな、
相模屋さんからまた新しい商品が出てました。

その名も「BEYOND PIZZA 」
そもそも相模さんには「BEYOND TOFU」という、
低脂肪豆乳を発酵させて作ったという
今までにない食感の豆腐があり、熱するとトロリと溶けるのだそう。

その「BEYOND TOFU」を削って、
大豆から作った生地にトッピングしたものが「BEYOND PIZZA 」というものでした。

中身を出して気づいたけど、
クリスピーな生地というのは油揚げでした。

それをトースターで焼いたらこうなりました。
本当に油揚げにトロけるチーズをのせて焼いたみたい。
「BEYOND TOFU」がとろっとろで激熱でした。
でも豆腐なんだよね。
チーズの味を期待するとちょっと違うけど、
100%植物性と思うと再現性がすごいです。

【ほし太の日向ぼっこ】

絶品の酢漬け大根

版画の仲間のTさんから、昨年戴いた酢漬けの大根がすごく美味しくて、
自分でも作りたいと思いレシピを聞いたら、
「大根を塩で一晩漬けて、酢と砂糖、昆布と鷹の爪を適当に混ぜたものに漬ける」という、
すごくざっくりとしたものでした。
一応真似したけどとても同じような味にはなりませんでした。

そしたら今年も戴きました。
「今年のはちょっと塩が大安売りだったよ」と言ってましたが、
確かに昨年よりちょっとお塩がきいてました。
でもそのいい加減さがまたいいんです。

80過ぎの元気なシニアのTさんが、
「大根も自分で作って自分で酢漬けにする」
そんな贅沢な酢漬け大根が食べられるだけで、
本当に幸せだなぁっておもいます。

【ほし太の日向ぼっこ】

また蜜柑の木

先日、ザボンのような大きなみかんの木をみつけましたが、
今度は会社の近くの海苔屋さんの駐車場にあった夏みかんのような木を発見。
高さ1mくらいの木に地面すれすれまで実がなっていました。

いくらでも簡単に収穫できそうなのに、
どうやら誰にも見向きもされていない様子。
たぶん酸っぱいのでしょう。
そんなことを思っていたら、
今日走ったバイパスの側道沿いにも同じような背が低い夏みかんの木があり、
こちらは地面に完全についてしまっているくらいたわわに実がなっていました。

温暖な静岡だからあちこちでみかんの木は見かけますが、
最近は背が低い夏みかんの木が流行っているのでしょうか。

【ほし太の日向ぼっこ】

あわやDV

昨日のこと、アシュと一緒に出勤の際、
抱き上げて車から事務所に連れて行こうとした瞬間。
事務所前の道路を大きなトラックが通過したのか、
はたまた自転車でメール便を配達のお姉さまに驚いたのか、
突然アシュが大パニックに陥りました。
なんと私の胸の中で大ジャンプし事務所に駆け込み。
残された私の首と胸と腕にはその爪あとがくっきりと残りました。

暖かい日だったことも災いし服装は長袖のTシャツ一枚。
しかも胸元もUの字に大きく開いていました。

しばらくは血が止まらず、
服につかないようティッシュと消毒液で抑えていなければなりませんでした。
その痛いことといったら…。

今まで旦那様が好きでアシュと遊んで爪を引っ掛けられるのを横目で見ていた私。
まさか自分がこんなことになるとは…。
冬だし、年齢的にも傷の治りが遅くなったと感じるきょうこのごろ、
きれいに治るのはいつになることやら。

アシュは、その後しばらく懲役30分の箱詰めの刑にしたけど、
自力で脱獄してきました。

【猫とお昼寝】

缶ビール用の竹かご

先日、ちょっとしたお礼にプレミアム缶ビールを差し上げたYさんから、
こんな素敵なプレゼントを戴きました。

なんと、缶ビール用の竹かごです。
Yさんは、竹かご作りを河口湖町勝山スズ竹伝統工芸センター(通称ざる学校)
で習得しました。

先日会った時も「明日は河口湖に竹を採りに行く」と話していました。
今回戴いたかごの竹も青々としているので、
その時に採ってきた竹で編んでくれたのだと思います。

私もちょっとだけYさんから習ったことがありますが、
採ってきた竹を裂いて、同じ太さにするのは本当に手間がかかります。
材料ができるまでも大変、その後編むのも大変な労力です。

缶ビールを入れるとこうなります。
先日のビールの缶を中に入れて編んだと話していたので、
サイズが本当にピッタリです。

思いがけないプレゼントで嬉しいやら、申し訳ないやら。
さらにプレミアムなビールをお礼に差し上げなければと、
ちょっと下心アリでまた思いました。

【きらくな寝床】

SPAC演劇「歯車」 演出:多田淳之介

劇団SPACによる芥川龍之介原作の『歯車』を観劇しました。
演出の多田淳之介氏は、東京デスロックを主宰され
埼玉の富士見市民文化会館の芸術監督も務めています。
今回の演出は、SPACの芸術総監督 宮城さんからの依頼だということでした。

歯車は芥川の死後発表された最晩年の作品で、劇中には芥川本人らしき作家が登場します。

ある男が、知人の結婚披露宴に出席するため上京。
一緒に乗り合わせたタクシーの中、散髪屋からレインコートを着た幽霊の話を聞きます。
その後行く先々でレインコートを見かけるようになり、
次々と不快感や不安、死への恐怖に苛まれ、
ひどい頭痛とともに視界の半分に歯車が現れ回り続ける中、
ホテルの一室で執筆活動を続ける「僕」。

舞台上は大きな斜めの板が左右に組み合わされ、
それだけでも主人公の不安感が伝わります。
前半「僕」自身は登場せず、セリフのみが後方から聞こえて来ました。
後半は登場するものの、大音量の音の洪水が右から左から流れ、
まるで主人公の頭の中にいるような気分になりました。

何でもない日常風景の中に、
恐ろしいものや、不快なものを見出してしまう恐怖。
アフタートークでも話題になりましたが、
芸術家が自身の創作過程において様々な要素を削ぎ落としていくと、
神経はそれだけ鋭く顕になる。
そこに生きづらさが生じてくる。

全く私は凡人でよかったと思いました。

【ほし太の日向ぼっこ】

今年初のすっぽん鍋

久しぶりに家族そろって日本料理「治作」さんへ食事に行ってきました。
12月に入りお店はとても忙しそうでした。
板前の満さんが「今日はもう少し寒くなると思って用意しました」と、
「煮鮑と大根のあんかけ」から始まりました。

飯蒸しは、蛤と腐乳、牡蠣の辛煮、からすみのどれがいいか聞かれましたが、
全員蛤と腐乳にしました。
一口二口で終わってしまうのでシェアしないで各自食べたいものを選んだ結果です。
先代の時からの、この腐乳ごはんがかなり好きです。

お造りは、金目鯛の炙り、赤貝、平目、赤いか、鮪のトロ。
鮪以外は塩で戴きます。
お魚の甘みが際立ってとっても美味しかったです。

目でも楽しい八寸は、
白和え(何の白和えだったか忘れてしまいました)
春菊のナッツ和え、バイ貝、クワイのチップ、
蕪の菊花、鰆の炙り寿司、アンキモ、いくらの醤油漬け。

どれも甲乙つけがたく美味し~いけど、
鰆のお寿司が特に好き!

本当はここですっぽん鍋になるところを、
お椀は外せない!とのわがままな要望で作っていただきました。
白菜のすり流しに、鱈の白子の炙りが入っていました。
すごく立派な白子でした。
白菜のすり流しも絶品です。

もちろん治作さんの自信作、胡麻豆腐もいただきました。

ずっと食べたかった、すっぽん鍋。
グラグラ煮え立った土鍋で一人分づつ出てきます。
唇がヌメヌメするくらいコラーゲンたっぷりのお出汁は最後の一滴まで飲み干します。

ご飯は、もちろんすっぽん雑炊。
ここにも小さく切ったすっぽんがたっぷり!
玉子でとじて葱と、しば漬けの箸休めも嬉しいです。

最後はフルーツいっぱいの白ワインゼリー寄せ。
苺の紅ほっぺが甘くて、シャインマスカット、巨峰、ブルーベリー、
グレープフルーツとが、爽やかに食事を締めくくってくれました。

ありきたりの一言ですが、今回もとっても美味しかったです。

【ほし太の日向ぼっこ】

大豆の収穫

先週いいお天気が続き、
約一週間天日に干した大豆がカラカラに乾きました。
田んぼで干していたら、さやがパチパチはぜて、
下にかけた不織布に豆が落ちるまでおくのですが、
我が家のベランダに干してあったので、
水曜日の夜、雨がポツポツ降ってきたタイミングで取り込み、
段ボール箱に入れておきました。

さやから豆を取り出すのは人手がいるので、
娘が帰省したタイミングで手伝ってもらいました。
けっこうさやがたくさんついていて、
中から小ぶりながら緑色のいいお豆が出てきます。

一日ではとても全部やりきれません。
今のところ3分の一くらいやったでしょうか?
出てきた大豆は見たところ300gはありそうです。
全部やったら1キロ以上になりそうな手ごたえです。
このお豆でお味噌が仕込めるかなぁ。

【ほし太の日向ぼっこ】